読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お前のライフをハックしてやろうか

大丈夫です。何も書きませんから。

今更ながらズートピアを見たよ

感想をずらずらと。

3DCGのクオリティ

半端なかった。予告編で「すげーなー」と思ってたけど
本編見たら圧巻。背景とか完全実写かと思いました。

あと一番やばいなと思ったのは主人公たち含む全ての動物の毛並み!
キャラクター造形としては今までのディズニーらしいデザインなんだけど
毛並みがリアルだからその良い意味でのギャップもあって非常にキャラクターが
可愛らしかった。

細かなニクい演出

ズートピア行きの電車の扉が動物たちのサイズに合わせて複数
違うサイズの扉があるとか、駅の出口で水から上がるカバに対してドライヤー機能を
つけるとこういう背景描写にもこだわっているのはさすがディズニーらしい。
こういうの昔から大好きですよ。

あと知ったのが隠れミッキーやアナ雪ネタが混じっているとのことだけど・・・
あんなんわかるかい!!と言わんばかりの隠れ具合。
こりゃ何度も見たくなるのもわかりますわ。

さすがに水牛所長の「ありのままに」ネタはわかりやすかったし
聞いた瞬間に吹いた。

ジュディ可愛すぎ。

ジュディ可愛すぎ。(二回目)
小さいながらも懸命に夢に向かって走る姿もそうだけど
やっぱりデザインがとってもキュート。
ドヤ顔してる時とか最高よね。

モブの動物たちも可愛すぎ。

銀行勤めのネズミたちとか動きが可愛すぎです。


「差別」というテーマについて

草食と肉食、狐の迫害など前々から聞いてた「差別」をテーマにしているのは
わかりやすく描いていたし、要所要所でも感じた。
クロウハウザーがジュディに対して「かわいい」と言った事に対しての反応など
「見た目に対しての・・・」という部分についても描かれていたね。

あとこの物語の完成度が高いのが差別を嫌うジュディ自身も
内面的な部分を見ていなかった、という部分。
ジュディは完璧な正義の心を持っていると見がちだけど、
内面の部分についてはあまり触れてなかった。

だからこそジュディが記者の質問に対して「生物学的な云々」と言ってしまった事で
肉食動物たちを傷つけてしまう展開になってしまったんですよな・・・。

もちろんそこも最終的には乗り越えるんだけど、
こういった「正義感の強い主人公」の不完全さをバランス良く描いている部分が
非常に良いのかなと思いました。

最後に

ジュディとニックを見るたびにニヤニヤが止まらない。